SEO対策としてのオールドドメイン

SEOとは、ウェブサイトを制作および更新する際の手法または技術の一つで、直訳すると検索エンジン最適化となります。インターネットの検索エンジンにおいて、自社のサイトを上位にリストアップされるようにウェブサイトを最適化します。一方ドメインとはインターネット上で住所を示す文字列のことを言い、オールドドメインは古いドメイン、つまり古い住所のことを表しています。近年では、SEO対策としてこのオールドドメインに注目が集まっています。

なぜSEO対策としてのオールドドメインに注目が集まっているかと言うと、検索で上位に表示させるためにかなり効果があるからです。ただそれだけのこと、と思われるかも知れませんが、インターネット上での広告戦略において多くの人が目に付きやすい場所を確保できたことに繋がるのです。これはテレビ番組のゴールデンタイムでのCM、街頭では一等地での広告出稿と同意義であり、多く人目につくことで高い費用効果を見込めるのです。

オールドドメインが注目され始めた2007年当時は、期限切れとなった古いドメインを取得して新たなサイトを開設するだけでも検索結果は上位に表示されていました。しかし現在では新規ドメインよりは優遇されているとはいえ、当時ほど効果はありません。これは評価ポイントとして内的要因・外的要因が影響しているからです。SEO対策をするには、まず内外の要因を分析して課題を発見することが必要です。その上で改善を行えば、消費者が検索を興味のある分野に対して検索を行った時に上位に表示されるようになることでしょう。